海外の明かりと日本の明かりの違いは「瞳の色」にあり!

インテリア, 家づくりのこと

こんにちは!
シンプルナチュラルな家づくり、トリニティハウスのブログへようこそ。

さて今日は、『日本と海外の明かり事情』についてちょっとお話したいと思います。
海外ドラマや映画に出てくる家はどれも雰囲気があって素敵ですよね。
無造作に置かれた本や食器、洋服、クッションなど全てがおシャレに見えてしまいます。

海外のインテリアの雰囲気をマイホームに取り入れたいと、実際に雑貨などのアレンジで賃貸マンションやアパートでもインテリアを楽しんでいる方もいらっしゃいますよね。

そんな日本と海外の住まいの大きな違いのひとつは「明るさ」

海外の映画やドラマを見ていると日本との照明の使い方の違い(特に住宅)をすごく感じませんか?日本の家の方が断然明るい。

実際、欧米に比べると日本の住宅の照明は明るすぎ、とも云われています。そもそも、なぜこういった明るさの違いが出たのでしょう・・・。

それは欧米人と日本人の「瞳」の違いからきています。


一般的に黒色の瞳が多い日本人に比べて欧米人は、青色や茶色の瞳の人が多くそれらの瞳は白色系の強い光を嫌い、暖色系や少し薄暗い明かりを好みます。欧米人の方がサングラスを掛ける方が多いのはこのことが影響しているのです。

 

■家の明かりに対する考え方の違いも違います。
欧米の家では夜にカーテン等を閉めない家も多いそうです。
それは“家の中から見える景色を楽しみたい”ということと、“家のあかりも景観の一部”と捉えているといった理由からきています。

私たち日本人の根本的な感覚として「照明」というと、どうしても部屋を明るく照らすものになってしまいますが、欧米ではインテリアの雰囲気に合わせて統一感が出るよう明るさを考えるのが一般的。

照明器具も天井面にシーリングライトを一つだけ、というスタイルではなく、吊り下げ式のペンダントライトと壁付けのブラケットライトの併用、補助照明としてスタンドライトを用いるスタイルが多いです。

朝起きて寝るまでの流れとしては欧米の住まいのように帰宅時から就寝までは薄暗い程度の明かりにして、カラダが徐々に休む体制にできると快適な睡眠が得られるとも云われていますので、睡眠の観点から見ても欧米の方が理にかなった考え方といえます。

照明はただ部屋を明るくする、物を照らすだけのものではなくインテリアや暮らし方に合せて計画することが大切。

照明と家具とのバランスをみながら計画すると、心身ともにリラックスできる快適な住まいづくりができるというわけです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

*************************
トリニティハウスのオフィシャルHPはこちら↓↓
https://trinityhouse.jp/

トリニティハウスInstagramもやってます!
https://www.instagram.com/trinityhouse.jp/

家づくり情報満載のトリニティハウス家づくりNaviもご覧ください↓↓
https://trinityhouse.jp/navi/

茨城県つくば市で注文住宅ならトリニティハウス
ご相談は以下よりお願いします。
TEL.0120-933-053(水曜定休)
お問合せはこちら>>

関連記事一覧