トリニティハウスの家づくりって?【構造編】

家づくりのこと

トリニティハウスの家づくりって?【構造編】

普段なかなかクローズアップされにくい、手が抜かれがちな見えない部分に決して手を抜きません。 見えない部分の品質や性能、安全性への徹底的なこだわりによってはじめて安心感が生まれ、 その実感に支えられてこそ、真の意味での快適さが実現できると考えているからです。

熊本地震で強さが証明された耐震等級3を基準に

いい家とは、あなたが心地よいと感じる空間デザイン、ライフスタイルにあった間取り、一年を通じて快適で安全な性能、これらすべてがバランスよく備わっている家だと考えます。

過剰でもなく、過小でもない、地域に合った性能でつくることがベスト。そうすることで性能に見合った価格で、手の届く、トータルバランスの良い家をご提供することができるのです。

今回は、トリニティハウスの家「構造・性能」についてご紹介します。

 

<目次>

基本構造
・基礎:ベタ基礎工法
・骨組:木造軸組工法+パネル工法
・床組:剛床工法

 

基本構造

木造軸組工法の設計の自由度を活かしながら、ツーバイフォー工法の長所を組み合わせ強度をUPする、頑丈な工法を採用しています。

 

基礎:ベタ基礎工法


■建物を地盤面全体で支える 頑丈な基礎
ベタ基礎工法は建物・構造を地盤面全体で支えるため、建物の荷重が均等になり一箇所に荷重がかかることがなく不同沈下が起こりにくくなります。また、ベタ基礎工法は地盤面や基礎の立ち上がりを鉄筋で頑丈に組み、全体をコンクリートで覆い仕上げるため頑強な造りとなります。

 

■床下の環境を整える基礎パッキン
基礎と土台の間に取り付ける基礎パッキンは、基礎内部の湿気を効率よく排出し床下の環境を整えます。基礎パッキンの利用により自然の風を取り入れ床下換気をスムースに行え、人体に有害な薬剤を使うことなく湿気から床下木部を守り、腐りやシロアリのへの対策ができます。

 

 

骨組:木造軸組工法+パネル工法

■地震や台風に強い 木造軸組工法+パネル工法
柱や梁などの軸材を組む軸組工法に、耐力壁としてのパネルを組み合わせた工法を採用しています。パネルを組み合わせる建て方は、部分的に力が集中して加わることがなく、建物の「面」全体に力を分散しバランスよく受け止め、地震や台風などの外からの力に対して強い構造です。

 

・床組:剛床工法

■骨組みとの一体制を高める、耐震剛床
床は構造体と強力一体化した「剛床工法(ごうしょうこうほう)」。地震に最も強いとされる床組工法で、「軸組+耐力面材」構造をより強固なものにするために必要不可欠な要素です。剛床工法によって下地からしっかり支えることにより、たわみや床鳴りが発生しにくくなるのです。

 

 

地域風土に合ったバランスの良い家で、いつまでも永く安全に住んで頂きたいという願いを込めて一棟一棟大切に造っています。

 

断熱性能については次回ご紹介いたします>>>

 

\\オススメ//

 

 

トリニティハウスInstagramもやってます!
https://www.instagram.com/trinityhouse.jp/

家づくり情報満載のトリニティハウス家づくりNaviもご覧ください↓↓
https://trinityhouse.jp/navi/

 

SUVACO(スバコ)からも施工事例の一部をご覧いただけます。
https://suvaco.jp/profile/a3EXT53DTugQkA

茨城県つくば市で注文住宅ならトリニティハウス
ご相談は以下よりお願いします。
TEL.0120-933-053(水曜定休)
お問合せはこちら>>

関連記事一覧